あなたがやりたいことができるように「お金」と「自信」にまつわる話をしています
たった3時間で自信を持つ具体的な方法はこちら

感情ってどこから来るの?不安、恐怖、喜びが生まれる理由

14087316_1078900892200393_2050150456_o

体話士のおおくぼたかあきです。

今日スカイプで友達と話していて
もう終わりかけの頃に

「感情ってどこから来るんでしょうね?」

と聞かれました。

「頭で考えるのとはまた違いますものね。」

『どこから来ると思います?』

「脳内物質じゃないけど、
 関連してるかなとは思うんですけど、
 じゃあその物質を出すように
 命令してるのは誰なんだろ?」

『じゃあそれは今日ブログに書きましょう。』

と言ってスカイプは終わりにしました。

というわけで書きました!

友達よ、見てますかー?
  
 
見られてなくても
もちろん書きますが!笑
  
  
感情ってそもそも何でしょうね?
 
 

「ウィキペディア先生ー!!」

 
 
『はいはーい、どうも
 ウィキペディアです。』

「先生、感情って何ですか?
(なんか軽いな・・・。)」

『感情(かんじょう)とは、
 ヒトなどの動物がものごとや
 ヒトなどに対して抱く気持ちのこと。

 喜び、悲しみ、怒り、諦め、
 驚き、嫌悪、不安、恐怖などがあるんじゃよ。』

「なるほど。じゃあ何でぼくは不安になったりするですか?
(うお、今度はいきなり
 じーさんみたいになった。)」

『むむ!!君は不安になるのかね?
 どんな時に不安になるんじゃね?』

「えーと・・・
(ど・・・どうしよう、
 不安になるって言ったけど
 最近あんまり
 不安にならなくなってきたんだけど・・・。
 でも聞いちゃった手前、
 今更不安ないとは言えないしなぁ・・・。)

 仕事できなくなってお金なくなったら
 生きていけないことが不安です・・・。
(あぶねー!何とか絞り出したよー。)」

『ふむ!君は仕事できなくなって
 お金がなくなったら生きていけなくなる
 と思ってるってことじゃな!』

「あ・・・はい。
(だからそう言ってるやん。
 この人アホなのか?
 あ、人じゃなくてサイトだった。)」

仕事がなくなったら不安の正体

『つまり・・・
 仕事ができなくなる=お金なくなる
 =生きていけないと思ってる
 ということじゃな?』

「はっっっっ!
 お金がないと生きていけないって
 思い込んでました!!
 (いや、知ってるけど・・・。)」

『そう!お金がないと生きていけないと
 思ってるから、仕事がなくなると、
 生きて行けなくなると想像して
 不安になったんじゃよ!』

「へー!そうなんですね。
(そうそう、思い込んで
 不安が出てきたんだよね。)」

『人は今ままでに体験したこととか
 経験したことを元に
 感情を生み出すんじゃ。』

「体験とか経験が元で
 感情が生まれる?
(わからないふり疲れるなあ・・・。
 でも、話したそうだし、
 わかってるなんて言えないよなぁ。)」

未来を想像して感情を生み出す

『そうじゃ。
 では、2つ説明しよう。

 1つ目は体験とか経験したことを元に
 こんなことが起こると経験的には
 こうなるだろうって思って
 感情が生まれるんじゃ。

 これがこうなって、ああなって・・・
 そしてこうなって・・・
 と想像して出てきた結果に対して
 感情が生まれるのじゃ。』

 
 
「未来に対して感情が生まれるんですね。」

『そうじゃ。お前さん物わかりが良いのう。』

「そ・・・そうですかね?
(げ、知ってることバレたか?)」


『まあ良いわい。

 そしてもう一つ!

 今までに経験した時に
 味わった感情を元に
 
 似たような出来事が起こると
 同じ感情が出てくるのじゃ。』

トラウマも喜びも経験が作る

「過去の経験でですか?」

『そうじゃ。
 
 さっきの
 お金がなくなる=生きていけないは

 過去の経験から
 生きるためにはお金が必要という
 前提ができておる。

 まあ、言ってみれば思い込みじゃな。

 じゃがの、わしのデータベースにある
 竹田和平という男は

 戦争中に疎開をして物々交換をして
 豊かに暮らした経験があるそうじゃ。

 そうすると、お金がないからとて
 死ぬという発想にはならないのじゃ。

 じゃから、彼は仕事がなくなっても
 不安になるわけではないのじゃ。

 先日、亡くなったそうで、
 惜しい男を亡くしたわい。

 ご冥福を祈っておるぞ。』

「なるほど、その人が持ってる前提が違えば
 出てくる感情が違うんですね!
 (もう、初めて聞いたようにしとこ。)」

『そうじゃそうじゃ。

 トラウマのように
 過去に体験したことが
 ショックなことで

 同じような出来事があると
 その感情が出てくるのも

 反対に嬉しかった経験があると
 似たような出来事が嬉しいって
 感情が出てくるのも
 まさしくこれじゃよ。』

「おー!なるほど!!
(そろそろ終わりにしたいな・・・)

 それが感情の正体なんですね!」

『そうじゃ。
 じゃから、前提を変えれば
 感情も変わるんじゃよ。

 反対も然りじゃな。

 出来事に対する感情が変われば
 出来事に関する前提が変わるって
 ことじゃよ。』

「へー!!そうなんですね!!
 感情についてよくわかりました!
 ありがとうございました!」

『ふむ。また何かあったら
 教えてやるぞい。』

「ありがとうございましたー。
 それではー。
 (あーやっと終わった。)」
  
  
  
『あ・・・そうじゃ。
 言い忘れたことがあったわい。』

「何ですか?
 (まだ何かあんのか・・・)」
 
 
『君が心の中で
 バレたらどうしようって思ってることも

 全部不安ですからーーー!
 
 
 ざーんねーん!!!!!
 
 
 人にどう思われるか
 気にしすぎ切りぃぃぃ!!』

 
 
「げ・・・バレてた 笑」
 
 
 
 
波田陽区と卓球の水谷選手って
似てるよなーと思った人はメルマガも登録よろしくね!

メルマガ登録は→こちらから

こっちの記事もまだ読んでない人は読んでね。

『相手は鏡』怒りは抑えようとすると余計に出てくる理由

人を動かす正体!ココロの声、カラダの声って何ですか!?

ぜひ、読んだらシェアしてね。