人が無意識に作る思い込みの怖さをビットコインから学ぶ

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

こんにちは。
体話士のおおくぼたかあきです

今日は最近読んで面白かった記事を
シェアしますね。

ちょっと前に
ビットコインって流行りましたよね。

 

今ももちろんあるんですが
あなたはビットコインに
どんなイメージ持ってますか?

 

ビットコインが騒がれた時には
何だかが破綻したとか
たくさんの損失が出たって
ニュースが出ていました。

 

ぼくも
危なくて良くないものなのかな?
なんて思っていました。

最近、その仕組みって
どうなってるのか気になって
調べてみました。

そしたら
イメージとは全く反対でした。

実は安全なもの。

とっても簡単に言うと・・・

 

預金の管理システムって
銀行が独自にやっていて
ぼくらは実際どうなっているのか
知ることができないですよね。

これは裏返せば
銀行の思い通りに不正が
できてしまうんです。

でも、ビットコインは
預金の管理システムを
世界中でみんなで監視します。

だから
ビットコインの預金に対して
不正を働くことは
事実上不可能なのです。

 

ね、安全でしょ。

しかも、手数料は

銀行よりもはるかに安くできますし。

 

詳しい説明は長くなるので
興味ある人は見てみてくださいね。

「誰も教えてくれないけど、これを読めばわかるビットコインの仕組み」

そして思ったことは
思い込みの怖さ。

よく知らないのに
聞いた情報などで
先入観を作ってしまったんですよね。

今回ぼくは
ビットコインについてでしたが

他のものも同じようにして
思考のクセを自分で作っていたりします。

 

これは誰でも。

 

思考のクセは
物事を見るときに
無意識にかけているフィルターです。

わかりやすく言うと
コップに半分水が入ってるときに
半分しかないと思うのか
半分もあるのかと思うのか
の違いです。

 

この思考のクセは持ち続けると
現状が変わりません。

ぼくがビットコインを
ちゃんと調べようと思わなければ
ぼくはビットコインを悪いものと
思ったままでしたし。

ちゃんと知ったら
思い込んでただけで
本当は違う見方が
できるということがわかりました。

今ではビットコインが
すごくいい奴と
思うようになりました。

こんな感じで
思考のクセも変えていくと
見える世界が変わってきます。

逆に言えば
思考のクセが変わらなければ
見える世界は変わりません。

 

稼げない人は稼げないままだし
愛されない人は愛されないままだし
やりたいことがわからない人はわからないままです。

 

だから今を変えたかったら
思考のクセを変えることが必要なんです。

 

変えるためには
まずは気がつくことが第一歩

 

まずは自分が
どんな思考のクセを持っているのか
知ることから始めていきましょう!

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る