たった3時間で自信を持つ具体的な方法はこちら

考え方とノウハウってどう違うの?

考え方とノウハウの違いについて。
 
 
自分で起業してビジネスをしていくと
いろんな本を読んだり
先輩の話を聞くようになると思います。
 
 
すると、必ずと言っていいほど
こんなことを耳にします。
 
よく、ノウハウよりも考え方が大事だよ。
って。
 
もう、耳にタコができるくらいに。
 
 
ずっと聞いていると
 
なんとなく
ノウハウは表面的
考え方は本質的
という認識はしていました。
 
それだけでも、
あー昔の自分はなんて薄いんだろうと
思っていました。
 
 
今思えば、それは確かに遠からずな説明です。
 
でもドンピシャりではない。
 
ただ、そう感じていた自分を
ちょっとほめてあげたい。
 
 
では、どんな違いがあるのか?
 
 
ノウハウって、簡単に言うと
欲しい結果を生み出すために
積み上げてできた成功法則みたいなもの。
 
 
大事なのは、積み上げてできたって所です。
 
方法や技術だったり
それらを積み重ねて
できるものなんですよね。
 
だから、そのノウハウができるまでには
いろいろなストーリーがあるんです。
 
ノウハウを使うには
その背景にあるストーリーまで汲み取れないと
ちゃんと使えずに効果が出ません。
 
 
 
 
そして、考え方は
行動を起こす源です。
 
 
何か行動をする前や
行動した結果に対して
考えますよね。
 
 
どうやろうかな、とか
これは何でだろう?とか。
 
 
イメージでいうと
 
考える
行動
結果
考える

良い行動や方法を残す

残った行動や方法=ノウハウ
 
こんな感じです。
 
 
だからノウハウだけでは
自分で好きな成果を生み出せないんですよね。
 
 
逆に言えば
欲しい結果を出すための
考え方を知っていれば
ノウハウはいくらでも生み出せる。
 
 
なので、もし本を読むとしたら
 
ノウハウ本なら
なぜそのノウハウが生み出されたのか
そのノウハウを使う時にはどんなことを考えているのか
何てことを意識するといいですね。
 
そして、ノウハウ本以外なら
物理学とか聖書とか、般若心経とか
自伝とかがオススメです。
 
 
さて、最後に。
 
このもし本を読むとしたら以下には
どんなノウハウがあり
どんな考え方があるでしょうか?
 
 
ぜひわかったら教えてくださいねー!
 
 メルマガもぜひ登録してね。
メール講座:繰り返し起こるカラダの悩みにサヨナラするたった1つの方法
 
 
この記事もオススメ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。