心と体の仕組み/模索中にできた借金800万に学んだ心とお金の繋がり/自己開示の方法を超絶わかりやすく発信中
たった3時間で自信を持つ具体的な方法はこちら

自己開示の例はこれ!ついでにセルフイメージの高さもわかる動画

ニコ
どもー!ニコです。

自己開示ってどうやったらいいの?
その具体例を今日は伝えるよ!

自己開示するのマジ無理ゲーって思ってる人もいると思います。

自己開示ってどうやったらいいんだ?

という実例を知りたいと思うんじゃないかな、と。

ぼくも、「自己開示 例」ってググってみました。

そしたら、やっぱり会話の中でこうやったらいいよみたいなのは出てくるんですよ。

で、感じたこと。

みんなクソ真面目!!!

もっと自己開示ってふざけてていいんですよ!

自己開示ってどーやったらいいんだろう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

って葬式みたいな顔しなくていいですから。

自己開示苦手な人はこの動画を刮目せよ!!これが自己開示の実例

YouTubeで私以外私じゃないのを検索してたらこの動画に出会いました。

この歌、替え歌でデブあるあるのように見えて、全部自分のことですからね 笑

この動画を見て一発でたすくこまさんのファンになりました。

    いつも私はいじられキャラで最初心は簡単に動揺したわ
    だけど意外と目を瞑った瞬間に悪くないなって瞬間に悟ったんだ

    おデブはやっぱキャラよね おデブになってみたいでしょ?
    少し不満な心で 自分にそう言い聞かせた

    恥ずかしくて言えないけど
    おデブにしかこなせないキャラを
    身を削って紡いだら 案外さ、悪くないかもよ

歌詞に才能と哀愁すら感じるこの自己開示w

自分の好きなものも動画で自己開示してます。

自分が思ってること、心の声、好きなもの、そういうのを世の中に出すのを自己開示って言います。

自己開示は相手を安心させる魔法

こうやって自分のことを出してもらえると
相手は安心します。

自己開示って相手を安心させる魔法なんですよ。

そして、相手が安心してると、あなたに対して優しくなります。

自己開示が苦手だけどできるようになりたい人って、
もっと楽に生きたいとか、人と仲良くなりたいとか、人から好かれたいとかそういうことを思ってるんじゃないかと思うんです。

だけど、本当の私を出したらなんて思われるだろう・・・って怖いから自己開示的なくて悩むんです。

でもでもでもでも・・・

自己開示って、最強の自己防衛手段です。

鉄壁の防御ですよ。

攻撃は最大の防御おおおおお!!!

自己開示は自分のことを知らないとできない

自己開示ってそもそも自分のことがわかっていないと人に伝えることはできません。

このたすくこまさんは、自分のことをデブだと認識しています。
そして、自分の生活を振り返って痩せられない原因とか自分で特定してます。

デブはいじられキャラとかね。

ちゃんと自分のことをわかってる。

それに対してどう感じるかはその人次第です。

ちゃんと自分のことがわかってるから自己開示できるんです。

ぼくは自分らしさというのは捉えるものだと思っています。

人から見てどう思われてるのか?
自分が自分のことをどう思ってるのか?
人から思われてることに対して自分がどう思うのか?

そういうことを捉えていくんです。

それが自分らしさを知ること。

自分らしさを知っていくとどんどん自己開示できるようになっていきます。

そして、それがあなたの強みであり、仕事のネタにもなっていきます。

自己開示できる人のセルフイメージは高い

そして、自己開示できる人はセルフイメージが高いです。

それがこの動画。

    デブはデブらしく生きていく自由があるんだ
    痩せたやつに憧れてんな
    初めからそう諦めてしまったら
    僕らは何のために美味いもん食った

    デブ生きることは時には孤独にもなるよ
    キャラ作ってイジられるんだ

    腹の中に夢と希望が詰まってる

    おデブはいいもんだ
    外見マタニティー

もうね、デブへのプライドすら感じますよね。

こうやってできるのは

「自分はこういうことを言っても大丈夫なんだ」
というセルフイメージだからです。

そうやって思えてるから言えるんです。

むしろ自己開示できていくと
セルフイメージが上がっていきます。

まとめ

ぼくはただの日常を盛大に自己開示するこの動画がめっちゃ好き

自己開示してみましょ。

自己開示できるようになりたい人は
こちらで情報発信してるので登録してね!

友だち追加

この記事もオススメ

自己開示が苦手なあなたが本音で話せるようになる3つの方法
仕事辞めたい…と悩む人へ。新入社員のぼくが独立しようと思った3つのワケ