自信、自尊心、自己肯定感の違いがわかったら心理学を極められたよ

ニコ
どもー!
ニコです。

自信と自尊心、自己肯定感ってよく聞きますよね。
でも、実際どんな違いがあるかよくわからないな…って思ったりしませんか?

ぼくも、心理学を仕事にしてますが、明確に違いを把握してなかったんです 笑

それがようやく明確になったので、この記事で書きました!

心理学に興味がある人はぜひ読んでくださいね。

自信、自尊心、自己肯定感の違いがわかったら心理学を極められたよ

ぼくもそうだったんですが、案外、心理学を仕事にしてる人でもこの辺の明確な違いってわかってなかったりします。

何となく。

この何となくさって素人とプロを分ける要素の一つです。

例えば、プロのスポーツ選手に何でそうやったの?って聞くと、だいたい明確な理由を答えてくれます。

でも、素人に聞くと「いや、何となく…」って答えたりします。

これはゲームでもそうですね。

定義がはっきりしてるってめっちゃ重要です。

だから、定義をはっきりさせるだけで他と一気に差がついたりします。

それが心理学を極められる理由です。

自尊心と自己肯定感の違い

自尊心の中に自己肯定感があるんです。
で、もう一つ自己有用感というのがあります。

自己有用感は、他人から評価されることで自分が大事だなと感じること。
自己肯定感は、自分から評価されることで自分が大事だなと感じること。

自己肯定感+自己有用感 = 自尊心

って感じです。

詳しくはこの記事でも書きました。

参考記事:自信ない万年補欠が自己肯定感を高め自信をつけた話【0からの自信講座9】

自尊心と自信の関係

じゃあ自尊心と自信はどういう関係があるのか?
上の記事でも書いたんですが、自尊心は根拠のない自信を作る源です。

無条件に自分は大事だなと感じること。

人の目が気になる人は自己肯定感が低いわけではない

人の目が気になる人は、自己肯定感よりも自己有用感が低いんです。

自己有用感は、他人からの評価が重要なポイント。

だから、人の目が気になるってのは、人から自分はいてもいいのかな?って思えるかどうかなんです。

結構人の目が気になるって人は、一人でいるときは幸せ感を感じてたりします。

それは自己肯定感と自己有用感が違うからです。

自己肯定感は、自分で自分のことを大事だと思うこと。

自分が自分のことを大事って思うかどうかと、他人が自分のことを大事って思ってるかって厳密には違う軸なんですよねえ。

自己肯定感が高い人は他人から嫌われる

実は、自己肯定感が高い人って、他人から嫌われたりします。

ぼくはそうなんですが、自己肯定感が高い人は、自分で自分を評価できます。

でも、自己肯定感が低い人は、自分で自分を評価できないんです。

特に、自己有用感(他人からの評価が重要)の高くて自己肯定感が低い人からは、無意識に嫉妬されます。

俺の欲しいものなんでもってんだよ!俺はこんなに頑張ってんだよ!って。

そして、相手がマウントを取ろうとします。

ハッキリと言わなくても

俺はこんなにすごいんだぜ!
あなたのためにこうしてあげてるんだぜ!
俺のおかげであなたは〇〇できたんだぜ!

って言葉をかけてきます。

そうやって他人を通して自分が重要なんだって感じようとしてきます。

だから、自己肯定感が高い人って結構嫌われるんですね。

ゆとり、さとり世代こそがこれからの時代を担う

でも、それは時代の流れから仕方ないなって思うんです。

今までは自己有用感が重要な時代だった

これまでの時代は、他人から評価されることが重要でした。

乾きの世代って言われていますが、一般的に、今の40代くらいより上の世代は、物があまりなかったので満たそう満たそうとしてたんです。

そうなると、他人の評価を稼いで稼いでお金を稼ぎます。

だから、自然と自己有用感(他人からの評価)が重要になるんです。

そういう文化です。

これからは自己肯定感が重要な時代

でも、今のアラサーくらい以下の世代は乾かない世代と言われていて、物が十分にある時代に生まれてます。

だから、別にそこまでお金を稼ごう!!としなくてもいい。
それよりも自分がやりがいがあったり楽しく生きられる方が重要という価値観の文化です。

(全員がそうではないよー!!!!自分は違うんだけどみたいな批判は受け付けません。)

というわけで
今日もやりたいことをやりましょう!
では。

LINEでは自信をつける方法を教えてます!
友だち登録してね!

友だち追加

人気の記事はこちら

ニコってどんな人?

どうせ私なんて…と思う人でもOK!たった3時間で自信を持てるようになる具体的な方法を教えます。

ニコのお金の教科書