折れない自信をつけたいなら仏教を学べ!【0からの自信講座8】

ニコ
どもー!
ニコです。

折れない自信が欲しい
と思うことはありませんか?

そんな人にとって実は仏教を知ることが近道であるということをぼくは伝えたいので、この記事を書きました。

ちょっと違った視点から自信をつける方法を知りたい人は読んでくださいね。

折れない自信をつけたいなら仏教を学べ!

折れない自信を手に入れるために仏教?
何で?って感じしますよね。

自信って自分を信じることができるかどうか

自分を信じることができるなら自信があるってことですし
自分を信じることができないなら自信がないってことになりますよね。

結局自分次第ってことなんですね。

だから、言ってみれば自己責任ってことなんです。

そしてこの自己責任を理解することに、折れない自信をつけるヒントがあります。

そこで仏教の出番です。

なぜ仏教なのか?

色々な宗教がある中で何で仏教なの?って思うかもしれません。

でも、これには明確な理由があるんです。

仏教と他の宗教の違い

仏教と他の宗教の明確な違いは、めっちゃわかりやすくいうと

他の宗教は、世界を作ったのは誰やねんって話を書いてあるのに対して

仏教は、世の中と自分はどんな関わりでできてるのか?について書いてあるんです。

主人公が違うんですよ。

他の宗教は世界を作った人が主人公的な感じ。

仏教はどこまでいっても自分自身が主人公なんです。

仏教の教えとは何なのか?

じゃあ、仏教で教えられてることって何なの?って気になりますよね。

色々な教えがありますが、折れない自信(自己責任)を理解するには因果応報と縁起について知るのがいいんです。

この世は因果であり縁起の世界

因果って聞いたことあります?

よく、何か悪いことが起こった時に、あー因果応報だねみたいな感じで登場したりします。

でも、因果応報って調べてみると

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
因果応報
いんがおうほう

仏教用語。原因としての善い行いをすれば,善い結果が得られ,悪い行いは悪い結果をもたらすとする。
-コトバンクより引用

いいことにも悪いことにも使える言葉です。

ちなみに、他の辞典では、「前世での行い」って書いてありますが、釈迦は前世って考え方には否定的だったとされてるので、前世は関係ないものとしておきますね。

因果と仏教の関わりでいう「縁起」という言葉もそうです。

ぼくが住んでいる今の家は
賃貸マンションですが

・家を建てようと思った大家さんがいて
・家を設計した人がいて
・家を建てた人がいて
・管理する人がいて
・広告する人がいて
・家賃の保証会社がいて

さらに家を建てようと思った大家さんに、家を建てるのが良いと思わせた人もいるわけですね。

そういう関わりで今の家ができています。

これが縁起です。

自分はどんなことをしたの?

そもそもぼくが家を借りようと思わなかったら

今の家を借りるために不動産屋にも行ってないですし、この関わり合いにも参加していません。

つまり

全ての起点になってるのは自分なんです。

あなたの周りの環境も
あなた自身が何かを始めたから起こっています。

そうやってこの世の中ができています。

さらに、あなたが知ることのない
認知していない世界は本当にあるのか?

って話なんですね。

ニュースやテレビ、新聞、インターネットを通して他の世界を知りますが

アクセスしなければ知ることはありません。

映像や文章、写真、音声などの情報としてそういう世界を認識してますが、それは果たして本当に存在しているのか?

大阪の道頓堀にあるひっかけ橋は、実際に見てみたら想像よりはるかに短かかった。

ぼくの頭の中では、実際と違う世界が勝手に作られてたわけです。

これもぼくが作ったもの。

そして関わりがあって実際に大阪に行って目にしてわかる。

ああ、本当にあったんだな、と。

全て起こってることは
自分が起点になっています。

そして、そこには必ず縁起があります。

みんなの好きなお金や仕事

これも、縁起がないと入ってくることも使うこともできないですからね。

仏教を知り自信をつけるためにできること

自己責任が自信をつくる

この自己責任というのが、自信にはとても重要です。

自分がどんな関わりをしたのか?
それによって結果が返ってくる。

ああ、起こってることは自分が何かをしたから起こってるんだな。

自信を持てない時って、誰かのせいにしたがってる時なんです。

誰かのせいにしてしまうのは楽なんですね。自分で考えなくて良くなるので。

この自分がどんな関わりをしているんだろう?

という視点を持てるようになると、一気に世界が広がります。

責任を取ると世界も収入も広がる

責任って言葉は、割と多くの人が逃げたくなる言葉ですね。ぼくも逃げたくなったりすることは今でもあります。

でも、責任を取ろうとすると世界は一気に広がるんです。

なぜなら、自分の周りに起こることを変えるには、自分の選択を変えるようになるからです。

会社や学校で嫌がらせを受けていたとしたら、それをやめてください!とかやめて!という行動をとるようになるかもしれません。

もしくは、そういう人と関わらないようにしようと思うかもしれません。

収入でも、会社に決められた給料で働くのではなく、自分の給料を自分で決めるようになるかもしれません。

なぜ、起業している方がサラリーマンより収入が上がりやすいのかというと、起こることに対する責任を取るからです。

サラリーマンは良くも悪くもリスクを会社がとっているわけです。

不倫、浮気、恋愛も自己責任で

自己責任の世界で生きようとすると、恋愛の仕方も変わるかもしれません。

不倫、浮気は一般的に良くないと言われていたりしますが、その批判をされてでも選ぶかもしれません。

ぼくの今の嫁も最初は不倫でしたからね 笑
それでも、自分で色々起こることは受け止めると決めたわけです。

これも自己責任。

そんな風に自分で選ぶということが、スタートです。

そんなことを学べるのが仏教なんですね。
まあ、仏教的には不倫はどやねんって話もありますけど 笑

というわけで
今日もやりたいことをやりましょう!
では。

この記事もオススメ

潜在意識とお金の引き寄せの真実。これがない引き寄せは逆効果!!

自信と勇気の違いって何?【0からの自信講座2】

自信をつけるためにおすすめな本5選

引き寄せに根拠のない自信が必要という嘘に惑わされるな【0からの自信講座4】

自信をつける自己暗示の真実。これがない自己暗示は逆効果!!【0からの自信講座7】

LINEでは自信をつける方法を教えてます!
友だち登録してね!

友だち追加

人気の記事はこちら

ニコってどんな人?

どうせ私なんて…と思う人でもOK!たった3時間で自信を持てるようになる具体的な方法を教えます。

ニコのお金の教科書