誰よりも論理的に潜在意識を語る元理学療法士のニコが、わかりやすく潜在意識・コーチングを解説するサイト

もう怒られるのが怖いと動揺しなくなる心の持ち方

ニコ
どもー!
ニコです。

怒られるのってめっちゃ怖いし、とにかく怒られるのが嫌だし、人が怒られてるのをみるのも嫌って思うことってあると思うんですよ。

ぼくは、怒られるってことにめっちゃ恐怖を感じていました。
今の嫁にもマジで怒られたりよくしてます。

でも、怒られるのってそこまで怖くないと感じるようになったので、どういう心の持ち方をすればいいのかお伝えしていきます。

もう怒られるのが怖いと動揺しなくなる心の持ち方

怒られて怖いと感じるのは、人によって差があります。
物理的に殴られてるとかだと、そりゃ恐怖を感じるのですが、そうではなければ心の中に怖いと感じる原因があります。

人は怒られることに恐怖を感じる生き物

人は、怒られると、恐怖を感じるようにできています。
というのも、恐怖は自分の身を守るために必要なことなんですね。

恐怖を感じるから行動をセーブできるんです。

でも、脳の中では精神的な怖さを感じている時は、肉体的に苦痛を感じている時と同じだと認識します。

だから、怒られて怖いとを感じている時は、肉体的な苦痛を感じてるのと同じ状態なんです。

そりゃ怖いわね 笑

もはや怒られて怖いと感じるのは、THE人間を満喫してるって時なんですよ。

怒るのは相手の責任

で、怒られているのはあなたですが、怒っている相手がいるわけですね。
その怒っている相手は、いろんな理由があれど怒るって決めて怒っているのは相手なんです。

つまり、あなたに100%原因があるわけじゃない。

だって、お店で店員さんに間違えて食べ物をこぼされた時に怒る人もいれば怒らない人もいるじゃないですか。

詐欺にあって怒る人もいれば、「あーあ、詐欺にあっちゃった 笑」って思ってる人もいる。
(100万の詐欺にあったけど、あーあってなったのはぼく 笑)

100%みんな怒るってことはないんで、やっぱり怒るって選択をしてるのは相手なんです。

そのことをまずは認識しましょう。

「あ、こいつ怒るってこと選んだな」って 笑

感情は天気と同じ

感情って天気みたいにずっと同じってことはないんです。

いい時もあれば悪い時もある。晴れもあれば曇りもあって、雨もあって台風もあって、でもまた晴れになってみたいな感じです。

感情も同じ。

怒った人は1年間起こり続けることはできません。

ぶっちゃけ人は一つの感情にちゃんと浸ったら短ければ10分、長くても数時間で違う感情になってしまいます。

だから、あなたが怒られたとしても、その相手はちゃんと違う感情になるし、機嫌も戻る。

怒ってるのってそんなもんです。

怒られるのが怖いと感じた時の対処法

じゃあ相手に怒られて、怖いと感じている最中にはどうしたらいいのか?
そこも知りたいですよね。

相手の求めること、嫌なことは何?

怒るって、期待してることが外れた時に起こります。
だから、怒っている相手は何か期待していることがあったはずです。

その期待してることはなんだったのか?
もしかしたら、相手は自分の利益がなくなったことが嫌で怒ってるだけかもしれないですよ。
というかほとんどの場合そうなんですけどね 笑

だから、相手はどんなことを求めていたのか?どんなことが嫌だったのか?
そういうことを考えたり、聞いたり、確かめてみたりしましょう。

もし一万歩譲って自分に悪いところがあるとすれば

こっちが怒られてる時には、相手に反論したくなります。

でもあなたも〇〇じゃん!みたいに反論すると余計に怒るんでやめときましょ 笑

今までいいことありませんでしたよ。
口論に勝ってもいいことないです、マジで。

勝負に負けて試合に勝つとはこのことです。

「逃げるは恥だが役に立つ」

星野源です。

怒ってる相手は体調が悪いんじゃね?

そして、人は体調によって期限が簡単に左右されます。
わかりやすいのが寝不足の時はイライラしやすい。

これは、考える力がちゃんと働く時は感情が出てくるのを抑えることができるからです。

でも、寝不足とか体調不良とかで考える力が働かないと感情を抑えることができなくなるからなんです。

女性の生理前とかこっちはマジでもうどうしようもないからね 笑
お手上げです。

そういうイベントだって思いましょう。
毎月そういうイベントがある本人はもっと大変です。

眠くなってきたりお腹がすいてくると人は怒りやすくなります。
そういう時はご飯食べさせたり、寝かせたりしましょう。

スニッカーズのCMと同じです。

「こいつ腹が減ると内田裕也みたいになるんだよ」的なやつです。

あれマジであるからね。

怒られるのが怖いけど一歩立ち止まってみる

怒られるのって怖いし、できれば怒られたくないですよね。
そんな時はちょっと怖いけど一歩立ち止まってみましょう。

相手はあなたにわかってほしい

相手は、あなたにわかってほしいと思っています。
わかってほしいと思わない相手にはまず怒りません。

無視です。

怒られてるってことは期待されています。
あなたにもっと私のことをわかってほしいって思われてるんです。

怒られた後って仲良くなるチャンスです。

あなたから相手の味方になってしまう

だからこそ、怒られて怖いけど、あなたから相手の味方になっていきましょう。

敵対してもマジでなんもいいことはない。

勝負からいかに早く降りられるか。
早く勝負から降りた人の勝ちです。

負けを出せる奴が勝ち。

そしたらもっと怒られるの怖くなくなりますよ。

というわけで
今日もやりたいことをやりましょう!
では。

この記事もオススメ

人間関係がうまくいかない→人付き合いの上手い人になるロードマップ

山ちゃん、蒼井優さんから学ぶ人間関係が上手くいくコツ。

潜在意識を恋愛に生かして彼氏・彼女・結婚を引き寄せる重要なルール

LINEでは自信をつける方法を教えてます!
友だち登録してね!

友だち追加

人気の記事はこちら

ニコってどんな人?

どうせ私なんて…と思う人でもOK!たった3時間で自信を持てるようになる具体的な方法を教えます。

ニコの元気が出るお金の話