たった3時間で自信を持つ具体的な方法はこちら

そろそろ身体を大切にしようと思った時にできる3つの方法

体話士のおおくぼたかあきです!

今までも頑張りすぎて
体調を崩してしまったし

若い時のようにムリはできない。
本当に身体と向き合うタイミングなんだ・・・。

そんな時って

占いやセラピー
カウンセリングではなぜか

「身体を大切に」
「自分を愛してあげて」

といったメッセージばかり
出てきたりしませんか?

そこで今日は
身体を大切にするための方法を
お伝えします。

1.マッサージ、整体などに通う

2.食生活を変える

3.身体の声を聞く

1.マッサージ、整体などに通う

massage

身体を大切にするというと
まずイメージするのは
マッサージに行ったり
整体に行ったりすることです。

でも、行った時はいいんだけど
すぐに元に戻っちゃうんだよね・・・
という声をよく聞きます。

それは身体の正しい反応なのです。

身体は潜在意識が自分ではない!
と感じると元の自分に戻ろうとします。

揉みほぐしたり骨を矯正して
急に正しい筋肉の状態や骨の状態になっても

これは自分じゃない!!!
と感じてしまって

一時的に良くなっても
元に戻ってしまうんです。

この方法で
身体をよい状態に保つためには
頻繁にメンテナンスし続けなければ
いけません。

理学療法士として
リハビリしていた経験からすると
少なくとも週に1〜2回
できれば毎日
やることで
効果が出ると感じます。

2.食生活を変える

syokuzigenmai

身体を作るのは食事なので、
食事を変えれば身体も変わっていきます。

しかし、
多くの人は偏った知識で
間違った食生活をしてしまいます。

というのも
それぞれの人の特徴によって
どんな食べ物を食べるのか
どんな食事の取り方をするのか
変わってしまいます。

ぼくは運のいいことに
パートナーがマクロビの先生を
していました。

言わば食のプロです。

ぼくはマクロビをする人は
玄米と野菜しか食べない
というイメージをもっていました。

実際にパートナーと出会って
間もないころは
野菜と玄米ばかり食べる
というイメージでした。

でも、実際は全く違いました。

正しいマクロビは

何を食べてもいいけど
今の私の状態ならこれを食べる
という風に選択するんです。

それによって自分の身体や心の
バランスを取っていきます。

これを実践するためには
世の中に数多くある食べ物の
特徴を知る必要が出てきます。

ぼくはパートナーと一緒にいても
色々な食べ物の特徴を理解するのに
1年くらいかかりました。

3.身体の声を聞く

karadanokoekiku

身体に起こる症状には
必ず意味があり
あなたに伝えている
メッセージがあります。

それが身体の声です。

足がむくみやすかったり
腰が痛くなったり
排泄機能で問題が起こったり
ガチガチなはずなのに何も感じなかったり
なかなかヤセなかったり

そのどれもが
あなたに伝えたいことがあります。

その声を読み解くと
あなたの身体に起こった症状の
本当の原因がわかります。

そして本当の原因に気がつくと
身体はリラックスして
自然とバランスが取れていきます。

わずか1時間でも
こんな風に変わったりします。

sasamabf

自分の身体の声が
聞こえるようになると

誰かに頼り続けなくても
自分で答えを出せるようになります。

とても安心感を
持てるようになります。

そして自分のことが
たまらなく愛おしくなるんです!

ぼくはこの身体の声を
聞くということが
自分を大切にするためには
もっとも楽で実践しやすいものだと
思っています。

そして

ぼくが人に
最も喜ばれるのが・・・

身体の声を聞くこと!!

相手の身体の声を聞いて
身体に起こっている症状の
本当の原因をヒモ解くことなんです!!

ぼくが相手の身体の声を聞くことで
身体はスッキリ軽くなりますし
心も軽くなっていきます。

セッションを受けた方はみんな
自分の症状について
『へ〜』『なるほど!』
『そうだったのか!』
と納得していきます。

そして
「こういうことをしていこう!」と
自分なりに答えを見つけていくので

病院の薬のように
それをし続けなければいけない
ということもありません。

なので、「身体を大切に」したい方は
ぜひ体話セッションを受けてみてくださいね!

初回はお得な価格で受けられます。

ココロもカラダもすっきりして
足取り軽くなる体話セッションはこちら

今まで受けた方の感想は→こちらから

.
まずはメルマガからどうぞ

メール講座「繰り返し起こるカラダの悩みにサヨナラするたった1つの方法」