たった3時間で自信を持つ具体的な方法はこちら

うつ病とのコミュニケーションに大切なたった1つのこと「うつ病を病気扱いするな!」

体話士のおおくぼたかあきです!

ぼくが1日1つ質問に答えているYouTubeチャンネルより
『体話士ニコのQ&Avol.029〜うつ病の人を好きになってしまいました。〜』
から、うつ病の本質について答えていくよ!!

ss

私は現在、軽いうつ病にかかってる会社の後輩に好意をいだいてます。
最近、職場復帰しまして彼女は仕事しつつ、自由に社内で散歩しています。

私は好意を持っているため会話をしたいのですが、うつ病の人は会話だけでも相当身体に負担がかかる聞きました。

そのため、私は軽く挨拶するか小さな仕事を手伝ってくれた時にお礼を言うだけにしてます。
しかし、上司や後輩は普通に体調の事を聞いてきたり、世間話してきます。
彼女はゆっくりで声は小さいですが話を返しています。

私は大丈夫なのかと心配になりつつも、
会話しても大丈夫なら自分も会話したいと、
もどかしいというか、焦りというか不安になります。

うつ病を経験された方、うつ病の人とコミュニケーションをとられた方にお聞きします。

復帰されたうつ病の方と普通に会話世間話をしても大丈夫なのでしょうか?

彼女は今日まで4日間職場に来ましたが、そのぐらい来れば、ガンガン話しかけてもいいのでしょうか?

会話はどのくらいの量と時間が許されるのでしょうか?
回答をよろしくお願いします。

という質問。

スクリーンショット 2016-06-26 10.39.19

うつ病は感じ方の違い

ぼくは、
「ガンガンいけばガンガン引いていきます。少しずつがよいでしょうね。
励まされるより、わかってくれるの方が心地よく感じますよ。」
と答えた。

うつ病は病気ではなく、感じ方が落ち込みやすいだけ。
普通の人よりもネガティブに感じるだけ。

うつ病になる原因の多くは、
自分の本音に蓋をして
見て見なかったふりをしてたこと。

それを気づかせようとして
いろいろな症状を出してくるんだよね。

だから、本人も自分の本音に気づくまでは、 自分が自分でわからなくて
苦しいんだよね。

話しかけるときはゆる〜いエネルギーで

強いエネルギーでこちらが向かえば
普段の状態より疲れやすくなってしまうからゆるいエネルギーで行くことが大切。

そこは注意したほうがいいんだよね。


まあ、自分がガンガンいくと、相手は引いていく。
それは普通の人でも起こることだし。

うつ病だからといって
むやみやたらに怖がる必要はないんだよね。


一見すると分かりにくいうつ病だけど

ぼくは、スポーツや何かの熱狂的なファンの考えとか行動って
その分野に興味のない人からすれば理解しにくいのと同じだと思ってる。

だから、相手のことを理解しようとすることが
大事だと思うんだよね。

医師とか研究者が
病気だとか、こういうパターンをとるとか
脳波がとかって話があるけど

スポーツファンの人は
みんな同じ応援歌歌うでしょ?
それとあまり変わりはないもんだと思ってる。

それがスポーツとかじゃなくて
自分の心に起こっただけ。


応援歌歌ってる時の脳波取ったら
大体みんな同じ脳波なんじゃないかな? 測ったことないからわからないけど
ちょっと計測してほしい。

でも、そんなもの。

むしろ、うつ病と言われてる
人達の方が自分の心に正直だよ。

無理して働いてる人より
ずっと自分にウソついてない。

ちょっと一歩踏み込むくらいでコミュニケーションを取っていく

だから怖がりすぎる必要はない。

相手はどんなことを感じてるのか
知ろうとすることが
うつ病と言われる人との
コミュニケーションをとる近道。


怖がりすぎずに
ちょっと踏み込むくらいで
コミュニケーションを取っていこう。



YouTubeチャンネルでは、
質問にバシバシ切りながら答えていくよ。
質問を募集しているのでぜひ質問してね!

YouTubeチャンネルの登録はこちらから

よく読まれてる記事

『おおくぼたかあきって誰?』