たった3時間で自信を持つ具体的な方法はこちら

【書評】本田健『決めた未来しか実現しない』の感想〜エネルギーの90%はここにかけろ!〜

自分と向き合うならおまかせを! 体話士のおおくぼたかあきです!

今日は本田健『決めた未来しか実現しない』の
感想を投稿!

kimetamirai

書評、感想を書いている人の
記事を見るとみんな

  • 願望を明確にする
  • 未来からのシナリオで生きる
  • ランデブーポイントを設定する
  • 次元上昇のエレベーターに乗る

ということしか書いていない。

読んだだけでは理解しにくい部分を解説する補足的記事

でも実は、この本の内容を
実生活に活用するためには
この本をちょっと読んだだけでは
理解しにくいんだよね。

特に重要なポイントが
本では割とさらっと書いてある。

ぼくは今年の初めから
健さんが開催していた
「決めた未来」願望達成法
3か月集中コースに出てきた。


そのセミナーに出たからこそわかったことを 交えて書評を書いていくね。

本の概要を知りたければ
他の人の書いた記事を読めばわかるから
そちらを読んでね。


この記事は

  • 『決めた未来しか実現しない』を読んだことがある人
  • この本の内容が読んだだけではわからなかった人
  • 本田健が好きだけどこの本を読むか迷ってる人に

参考として使って欲しい。

この本の中で出てくるコンセプトで
最も重要なのが

  • ランデブーポイント
  • 次元上昇

この二つ。

その前に健さんが言っていることで、
勘違いしやすいことを解説しておこうと思う。

努力も頑張りもいらない画期的な方法の真実

この本の中に

本書でご紹介する願望達成法が目標設定が他と大きく違うのは、設定したら、あとはシンクロニシティに「おまかせ」することです。
目標型の願望達成では、目標に向けてとにかく毎日がんばることが大切だとされるのに対して、この方法では、プロセスに「がんばる」とか努力というものは必要ないのです。

と書いてある。

本田健の言う「がんばる」は、一般的にイメージする「がんばる」とちょっと違うんだよね。

勘違いしてしまいやすいんだけど、一般的なイメージの「がんばる」では、何かにがむしゃらに取り組むことだったり、人ができないくらいにやり続けることとイメージされるよね。

そう考えると、「がんばる」「努力」は必要ないとされてしまうと、日々怠けていても、未来を描けば叶う魔法のようなものと勘違いしてしまう。

それが健さんの本にある罠なんだよね。

本田健の言う「がんばる」とは、「向いていないこと、情熱を向けられないことにむやみやたらに時間と労力をかけること」と考えた方がいい。

そうすると、行動をしなくていいというわけではなくなるよね。

まず「小さな一歩」から始めてみよう

新しい世界に飛び込むのは、誰でも少なからず不安が伴います。
けれども、大きな一歩を踏み出すのは怖くても、小さな一歩なら踏み出せるかもしれません。
〜中略〜
小さく続けていくうちに、「そんなに不安に思うことではないかもしれない」と思えるようになるかもしれません。小さく開いた料理教室で意外な出会いがあるなど、次のステージの扉が開くのです。

と書いてある。

これは料理教室を開きたい人のエピソードだが、願望達成をしていくためには小さな行動から始めなければならない。

行動は欠かせないのだ。

小さな一歩を踏み出し、勢いがついてくると 大きな一歩も踏み出せるようになっていく。

ワクワク生きる人は頑張っていると感じない

本田健は、ワクワクすることをすることが
大切だと言っている。

これはどういうことだろうか?

ワクワクすることをしている人は
どういう状態だろうか?

子供が夢中になって遊んでいる状態と
同じような状態になる。

ぼくもつい何かにハマると
時間を忘れるくらいに没頭してしまう。

果たしてその状態で、
本人は頑張っていると感じているかな?

そんなことはないはず。
ただただ楽しいからやっている。
それだけだよね。

頑張る必要はないんだ。


では、本題の2つのコンセプトに入ろう。

ランデブーポイントとは何なのか?

「未来の一点」に願いがかなう場所がある
〜中略〜
ここからは、それらを具体的に決め、いよいよ願望実現の旅に出発できるようにするステップに入っていきましょう。

その第一歩はランデブーポイントの設定です。
ランデブーポイントとは、この願望達成法における一つの到達地点、あなたの願いが叶う「未来の一点」です。

と書かれている。

ランデブーポイントは未来の一点であり、
ここを決めなければ、
この願望達成法は実現しない。

この願望達成法の中で感覚的だけど
90%以上のエネルギーを
かけることが必要なんだよね。

そして、このランデブーポイントを
明確にすればするほど、
この願望達成法が実現に近づくんだ。

しかし、本を読むだけでは
他のコンセプトに紛れてしまって、
他のものと同じくらいの重要度になってしまう。

だが、このランデブーポイントが
書いてある章は穴が開くくらいに
読むポイントなんだよね。

そして、まだ自分では見たことがない
ランデブーポイントを明確にするために
大切なのが、メンターの存在。

この辺はまた違う記事で書こうかな。

次元上昇とは何なのか?

もう一つ出てくる重要なコンセプトが次元上昇。

最高の未来を引き寄せる過程で起きているのが「次元上昇」です。次元上昇とは、前述したように自分が大きくバージョンアップすることです。

〜中略〜

次元上昇は、次のような出来事があった時に起こりやすいといえます。

・人生のイベント〜中略〜
・運命的な出会い〜中略〜
・働き方の変化〜中略〜
・何かの達成〜中略〜
・社会的な立場の獲得〜中略〜

こんな風に色々なタイミングで
次元上昇は起こる。

そして、次元上昇によって見える世界が変わる。

この次元上昇が起こる多くのきっかけは
人との出会いなんだ。

健さんもこの中で人との出会い
というワードはよく口にしている。

さらに、健さんのやっている
アイウエオーディオ倶楽部では
各界の一流の人と対談しているが
そこでも人は出会いによって
次元上昇している様子がわかる。

だから、何かを変えたいと思ったときには
人と出会うのがもっとも近道だろう。

まとめ

一見すると願い事が叶う
魔法の壺のような気がしてしまう
願望達成法だが
全くそんなことはないんだよね。

未来の一点を明確にし、
そこに向かってワクワクすることをし
次元上昇をどんどん起こしていくことで
願望達成をしていくことができる。

もし、すでに読んでいたら
この記事の点を踏まえて改めて読み直してね。

kimetamirai

よく読まれてる記事

おおくぼたかあきって誰?