これを貯めるとお金がたくさん引き寄せられるよ

ニコ
どもー。
オオクボタカアキです。

お金引き寄せしたい!!

そんなあなたに朗報。

やることやったらちゃんと入ってくるよん。

お金に感情も意思もなんもない

自己啓発で言われる適当な例え

お金には意思があるよみたいなのってどこかで聞いたことありません?

あれ本当にそうだと思います?
だって、お金って紙と硬貨ですよ?

日本的な八百万の神様っていう話をすると、お金にも神様がいるって考えをしたくなる気持ちもわからなくないですが、もうちょっと現実的な話として考えても十分に理解できます。

だって、宇宙の意思とかって話に任せてたら自分でどうにかできないじゃないですか。

それでいいのか?って感じなわけですよ。

ぼくからすると、その例えは上手く言ってるけど、フワフワしすぎて、もうちょっと地に足つけて考えましょうって感じです。

お金はただのお金

さっき書いたように、お金はただの紙幣と貨幣です。
で、さらに本質的に言えば、数字です。
年齢とかと全く同じ数字。

その数字が増えたら喜ぶし、数字が減ったら悲しむみたいなのがお金と人の関係です。

FXとか株式とかやると、お金が数字って本当にわかりますよ。
何もしてないのに、数字が増えたり減ったりするんですから。

お金はただの数字なわけです。

これ以上でもこれ以下でもないです。
神様でもなんでもない。

何かを買ったり、サービスを受けるために、渡せばやってくれる確率が高い便利なものが現代の社会でのお金です。

お金の正体を正確に捉えろ

この見出しはキンコン西野さんの革命のファンファーレに書いてあった一文ですが、お金の正体を正確に捉えていかないと、いつまでたってもお金は遠い存在になってしまいます。

西野さんの言い方では、お金は信用が数値化されたものという風に言われてます。

これどういうことなのか?

信用ってどういうものなのか?ということを考えなきゃいけなくなります。

信用はめっちゃわかりやすくいうと、人との関係性です。
信用があるなら、人との関係性が築けてる。
信用がないなら、人との関係性が築けてない。
ということです。

だから、人との関係性が築ける人は信用がたまる。

信用っていうのがあると、それが現金化されやすくなります。

今までは、銀行とか社会的信用っていうと、どこに勤めてるのか?どんな資産を持ってるのか?というお金があるから信用があるという図式でした。

でも、本当はそうじゃない。

信用は人との関係性が築けてるか?っていう基準で考えると、株を持ってても、仮想通貨を持ってても、土地を持ってても(人に貸してれ人からの信用があるけど)、人との関係性を築いてるわけじゃないんですよ。

お金は何に引き寄せられるのか?

信用>>>>>>お金

ツイッター、Instagramのフォロワー数、メルマガの読者数、ブログのPV数なんてのはわかりやすい信用の数です。

お金でフォロワーを買ったりしてる人は、信用があるわけじゃないです。

信用はお金じゃ買えないんですよ。

ぼくは、去年の夏に人からもらったお金で大阪に行きました。
そのお金をくれた人に会いに行きました。

もらったのは1万円でした。
でも、もらった金額以上にその人のことを信用しましたし、ぼくも相手に信用されることになりました。

その関係はお金をもらったことが始まりでしたが、ぼくがそのお金でその人に会いに行かなければ関係は深くならなかったし、そうしたらお互いに今ほどの信用もありません。

やっぱり、信用は関係性なんですよ。

だからぼくはまた大阪に行けば、一人で寂しいみたいなことはないわけです。

多分ご飯も困らない。
だって、その人は飲食店で働いてるので、そこを手伝ったりなんやりすれば、ご飯くらい食べられる。

これはお金では買えないものなんです。

それが関係性です。

お金を貯めるな信用を貯めろ

お金と信用だったら、信用を取ったほうが圧倒的にいいです。
今お金に困っているとしても、信用につながるものなのか?という基準で判断するほうが間違わない。

ぼくがお金をもらった時に生活費に使ったら、その先の広がりはありません。
でも、ぼくは信用を選びました。
その時意識していませんでしたが、相手のところに行くことが信用につながった。
確かに1万円は無くなった。

でも、つながりができたし、それもこうやってネタになっている。
1万円以上の価値があるんですよ。

ぼくにとってお金以上のリターンがあるので、投資なんです。

これがお金を貯めてるだけじゃ投資になりませんよ。
そして、リターンは信用を溜めれば貯めるほど大きくなります。

信用の現金化

ぼくはお金を得るにはこういう公式があると思っています。

したこと(入力)× 信用(係数)= お金(出力)
D(Do)× C(Credit)= M(Money)

ここで重要なのは信用が掛け算なこと。

信用が10の時に5のことをしたらお金は50ですが、
信用が13の時に5のことをしたらお金は65です。

もしかしたら、信用は二乗かもしれない。
信用が貯まれば貯まるほど、お金を引き出しやすくなるんです。

ここで重要なのは、
信用を貯めることだけをしててもダメということ。

ちゃんと、お金になるための働きかけをしなきゃいけないんです。

どんなに信用持ちでも、信用を現金化しようとしないと、現金にはならないですから。

どちらも重要な視点です。

この公式は最近の発見でした。

お金持ちがお金持ちな理由

お金があるところにお金がある理由

お金に意思があるから、お金持ちのところにお金が行くんじゃないんですよ。

さっき書いた公式に自分のやってることを当てはめるのがうまいんです。

しかも掛け算だし、自分一人だけじゃなくて、他の人にも協力してもらうから、したことの量がどんどん大きくなるんです。

だから入ってくるお金の量が大きくなる。

これは、考え方と行動が違うだけです。

ビジネスのステージが違う人のコンサルの様子を見てると、これがよくわかるんですよ。
目の付け所が違う。

自分ならこうアドバイスするなーって思ってても、全然違う切り口と視点を持ってるんです。

そこに着目するんだ!!

なんでそこに着目するんだろう?

そんなことを考えることが、お金持ちの思考をトレースすることにつながっていきます。

お金持ちはいつでもお金持ちになれる

お金持ちはいつでもお金持ちになれる。
それは、お金があるからじゃないです。

与沢翼さんは一度税金が支払えなくて会社を倒産させてます。
でも、また復活してる。

それは上の公式を知ってるから。
彼の近くの人はあまり与沢さんのことを悪く言ってない気がするんだよな。

それこそ、堀江貴文さんもそうでした。
世の中がどんどん叩いてても、周りの人は彼のことを全く悪く言わない。
むしろ、逮捕されても全く信用がなくなることがないわけです。

だから刑務所から出てきた後もすぐに仕事があって、またお金持ちになった。

まあ、彼の場合は刑務所でも有料メルマガを書いて稼いでいたという特殊な事例ですが 笑

ちなみに、この本を読むと堀江さんの信用がある理由がよくわかるし、信用をどうやって積み上げていけばいいのかわかります。

一つずつ信用積み重ねて行きましょう。
そしたらお金も引き寄せられるようになりますよ。

2月9日くらいに単価アップのための動画セミナーをリリースできますのでお楽しみに!

 
ぼくは無料で相談に乗ることにしました。
オオクボ、無料で相談乗るってよ
 
 
ぼくへの応援はこちらから。
オオクボタカアキのレターポット
 
 
 
よく読まれてる記事
体話士ニコってどんな人?
レターポットが見せた可能性とお金の正体
潜在意識とお金の引き寄せの真実。これがない引き寄せは逆効果!!
お金を稼ぐスタイルの変化
堀江さん、お金の正体ってそれなんですね!
腑に落ちると潜在意識が動き出す!腑とは〇〇の場所の事なんです!

 
 
シェア歓迎。