想い描いたら必要な人は来る。でもやることやってね。

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

体話士のおおくぼたかあきです。

昨日のビジネスの話に続いて連続投稿。
まだ読んでなかったら読んでね

『起業して長いことうまくいってない人の勘違い。それやめたらうまくいく』

よくスピリチュアルな方々が口を揃えて

「必要な人を想い描けば

 必要な人はやってくる」

って言います。

ぼくはいいやつだけど嫌なやつなので

まじか!?

それができたら超能力者。

マジで宗教開ける。

悟りも開ける。

って思ってました。
 
 
 
その反面、でもそうだったらいいなーって
結構踊らされてました。
 
もうね、集客できればなんでもいいよ!
とにかく人がこねえんだよ!!

ブログで告知文も出してるし
メルマガでもおしらせしてるし
あとできるのは祈ることくらい!?

もう、想い描いて人が来たらいいな!

って思ってました。

まあ、人こないよね 笑

でも、最近ひさしぶりに
ビジネス系の勉強会の募集をしてみて
感じたことが衝撃でした。

※例はビジネスですが、
健康でも恋愛でも本当に使えます。
 
 
 
必要な人を思い描いたら
必要な人は来ます!!

マジで!

いや嘘じゃなかった!

『必要な人を想い描けば
 
 必要な人はやってくる』

この文章は勘違いを生む
誇大広告です。

これ飲んだらめっちゃ痩せます!

人生変わりました!

って広告みたいな感じ。
 
 
お前それ、ビフォーアフターで
登場人物変わってるやん!

ほくろの位置もちげーし!!

ってやつと同じ。
 
 
圧倒的に言葉足りてません。

※ただし運動する必要があります。

って小さく書いてある注意書きくらい
その言葉が重要です。
 
 
でも、その言葉がないから
勘違いを生むんです。

ちゃんと理解してる人は
この足りない言葉を埋めてます。
 
 
いやー、過去の自分に
この足りない言葉を埋めさせる作業を
徹底的にさせたいです。

にんじん食べるまで帰えれません!

ちゃんと全部たべれるまで帰れま10!

なのでここから、

『足りない言葉を埋めるまで帰れま10!』を始めます!

必要な人を想い描けば

必要な人はやってくる

この言葉は間に隙間があるんです。
 
 
その隙間って、言われてても
聞きたいことしか聞かないから
結構聞こえないんです。
 
 
ぼくはうまくいかない時は
こうしてました。

セミナーをやろうとします。

「そーだ、セミナーとかやろう!

 んー、そうだなー
 こんな人来てほしいなー

 よし!ブログにおしらせ書こう!」

『幸せについてセミナーやります!

 日時は2016年9月30日

 金額は一万円です。きてね。』
※実際はもっといろいろ書いてますが、極端に言うとこんな感じです。





「あれ?おかしーな。
 必要な人想い描いたのに来ない。」

そりゃそうですよ!!

必要な人どころか
誰もこないよ!!
 
 
誰に出会いたいか想い描いたら
来るんじゃないんですよね。
 
 
そしたらぼくは
もうとっくのとうに
お客さん10万人とかいるはず!!
 
 
一応行動してるだけマシですが
それでもズレた行動なので
成果は出ません。
 
 

やっぱり必要なことをやらなきゃいけないんです。

『必要な人を想い描けば

 必要な人と出会うための必要な行動をする

 だから

 必要な人はやってくる』

なんですよね。
 
 
 
『必要な人と出会うための必要な行動をする

だから』

の部分が抜けたら必要な人は来ません。
 
 
ブログにセミナーのおしらせ書くなら

セミナーに来たら
どんないいことがあって
こんな風になれちゃうよ!
 
 
ってことを十分すぎるくらいに
伝えないとお客さんは来ないわけです。
 
 
 
さらにもっと大事なのは
告知した文章ではないんです。

告知する前に勝負は決まっています。

何も準備しないで告知した時点でアウトです。

スクリーンショット 2016-08-27 13.41.33

アベシ!!!
 
 
いつも、告知してから勝負だ
告知の文章が大事だ!
と思ってたから
そりゃお客さんも来ないんですよね。
 
 
 

必要な人を想い描く

必要な人と出会う準備をする

おしらせする

必要な人と出会える

わけです。
 
 
これ抜けたら
必要な人とは出会えません。
 
 
必要なことをして
必要な人と出会いましょう!
 
 
 
コンサル受けても成果でなかった方のために
ゆる〜くファンづくりが学べる
勉強会もやってます。

『月1ゆる〜いオンビジネス勉強会』

必要な人よ〜〜〜〜来いっっ!!!!

色々ぶっちゃけちゃうメルマガもおすすめ

メルマガ登録は→こちら
 
 
 

提供中のメニュー

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る