グルテンフリー、砂糖断ち、砂糖と小麦粉が身体に悪いと信じ込ませる罠

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

体話士のおおくぼたかあきです。

小麦粉が身体に悪いとか、砂糖が身体に悪いとか言われていますよね。
特に小麦粉はこれらの本で話題になりました。

砂糖も身体に悪いって言われることが徐々に増えてきました。
まだまだ一般的とは言えないけど、徐々に増えてきました。

きっとこの記事を読んでるってことは、
砂糖は身体に良くない!って
思ってると思います。

確かに、砂糖はできるだけ身体に
取り入れない方がいいと言うのがぼくの意見です。
でも、それって盲信していいの?
って話なんですよ。

この記事は、
ちょっと立ち止まって考えてみましょうという記事です。

なぜ、砂糖や小麦(グルテン)が身体に悪いのか?

砂糖の危険性

砂糖は昔から虫歯の原因になるよって言われていました。
ぼくもそうやって教えられたので、めっちゃ歯磨きしました。
そのお陰なのか、大人になって虫歯は一本もありません。
歯医者さんに定期検診に行くとめっちゃ驚かれます。

砂糖は麻薬と言われる理由

砂糖が危険だと言われるのって、
どの砂糖でも必ずそうかと言われるとそうではないんですよ。

精製されてる砂糖が危険

砂糖は植物から粉になるまでに工場で加工されます。
植物なので、最初はミネラルとかが含まれてます。

でも、加工されて行くと段々とこのミネラルが抜かれていきます。
そんなわけで、ミネラルも栄養もない粉になるんですよね。

しかも、そういう砂糖は血糖値を急激に上げて
一気に下げるから身体に負担があると言われています。
それに、身体を冷やす作用があります。

これが一般的に言われてる砂糖が悪いと言われるものです。

でも、その情報鵜呑みにしていいの?

そもそも砂糖はいろんな種類があるんですよね。
寒いところで取れる砂糖と、暖かいところで取れる砂糖
それがどっちも同じ働きすると思います?

ぼくの食べ物に関する知識のベースは
マクロビオティックです。
この記事を参考に:マクロビ、グルテンフリー、MEC何を食べたらいいの?の答え

マクロビオティックには
寒いところで取れる食べ物は、体を温めやすく、
暖かいところで取れる食べ物は、体を冷やしやすい
こういう基本原則があるんですよ。

だとしたら、一概に砂糖だから悪い
身体を冷やすって言えないんじゃない?
自分の頭使って考えてます?って話なのです。

もっと言えば、
自分で実際に体験して
結論出そうよって話なんですよ。
砂糖はそこらで手に入るわけですし 笑

具合が悪いときにどう対処するかというのも
実は結構自分で考えたものじゃなかったりします。

参考記事:「具合が悪い時」の対処法って誰に教えてもらったの?

続いて小麦(グルテン)について

小麦についてもだいぶ言われるようになって
グルテンフリーの商品がかなり増えてきましたね。

でも、本当に小麦って身体に悪いの?なぜ?

パンは欧米のもので日本人に合わないから悪いって言ってる人もいますが、
うどんってパンよりもっと前からありますよね?
江戸時代にはとっくにありましたよ?

ということは、小麦自体に問題があったり、
身体に悪いというわけじゃないんですよね。

どちらかと言えば、品種改良されたり
コンビニのパンとかでは他に添加物が入ってたり
精製された砂糖とかが入ってたりしてるから
そっちの方が影響大きいんじゃないの?って話だったりします。

小麦が品種改良された歴史

小麦がどんどん品種改良されていきました。
だからアレルギーとか起こしやすくなってるんです。

みたいな話もあります。

ちょっと待て。

小麦がアレルギーの原因ですか?
アレルギーって何で起こるんですか?
って話になるんですよ。

アレルギーが起こる原因

アレルギーは、自分の中に異物が入った!!って
身体が過剰反応すると起こります。

卵とかいろんなアレルギーも同じです。

でも、これアレルギーが出ない人もいるんですよ。
何でこの体質の違いがあるんだと思いますか?

それは身体の機能がちゃんと働けてないから。

自分の味方と敵を正しく見分けることができる機能が
必要なんですよ。

それがちゃんと働けていないことの方が問題です。

それって、日頃どういうものを
食べてるのか?によって変わってきます。

栄養がないものばかり食べてれたり
添加物とか環境ホルモンばかり摂ってたら、
この機能はちゃんと働けません。
 
 
じゃあ玄米を食べればいいのね!!
というのも安易です。

玄米にもいいところ、悪いところがあります。

食べ物にいい悪いというものが
あるわけじゃないんですよね。

参考記事:『食べ物に良い悪いはない!』マクロビ公開講座に行きました!

食べ方は内海聡さんの本が参考になります。
政治観とかはウーン…と思うことがありますが、
健康に関してはピカイチです。

ちゃんと自分で考える力を身につけることが大事です。

自分で考えないとどうなるのか?

価値観を押し付ける人になる
砂糖は良くない、小麦は身体に害だ。
そうやって思い込んでると、
砂糖とか小麦を食べてる人を否定し始めるんですよね。

そして、ここでは私が食べられるものないわ
だからダメなお店だわみたいにして
お店を否定し始めたりします。

それってただ自分の価値観を
押し付けてるだけなんですよね。

それって、結局考えてないんです。

タバコを吸えば肺がんになるって本当ですか?
100歳の人が長寿の秘訣はタバコを吸ってることって
言ってたこともありましたよ。

そんな我が家では砂糖もパンも食べます

コンビニでチョコを食べたりすることもあれば、
お店でデザートを食べるし
パンもよく買って食べますよ。

これは楽しみ。
好きですもの。
買ったり選んだりするのは楽しいですし。

でも、選びます。

そのなかでも比較的身体に負担が少ないようにとか、
ていねいに作られてるかとか
今日は食べたいなとか、
今日は身体がやめとこうって言ってるなとか
全部身体に聞いています。

だって、ストイックに健康を
目指したいわけじゃないもん。
人生楽しむために生きてます。

ストイックにやりすぎると現代では生きづらい

そして、ストイックに選びすぎると、選択肢がどんどん減っていきます。
友達とどこかに出かけたり、食事しにいってもあまり選べない。

ズーーーーット肉とか砂糖とか小麦とかを食べてなくて
久々に食べると身体には反応がかなり出ます。

結構辛いんですよ。

無菌室で育った人が外に出たら
すぐに病気になるみたいに
抵抗力が無くなっちゃいます。

それって本当に自由ですかね?

色々選べるけど、今日は選ばない。
今日は選ぼう。

そうやって何かにとらわれず、
自分で考えて選択すること。

それこそが大事なんだと思うんですよね。

ちゃんと考えて自分の身体と対話していきましょー!
 
 
今日のオススメ本

 
 
この記事を読んだ人にオススメの記事
マクロビ、グルテンフリー、MEC何を食べたらいいの?の答え
「具合が悪い時」の対処法って誰に教えてもらったの?
食べ物に良い悪いはない!マクロビ公開講座に行きました!
ブログはお金とファンが増える。ニコがブログで情報発信する5つの理由
  
 
体の声を聞きたい人はこちらからどうぞ
体話セッションはこちら
 
 
メール講座もどうぞ!
無料メール講座『繰り返し起こるカラダの悩みにサヨナラするたった1つの方法』
 
  
 月額マガジンも好評です
noteの月額マガジン
 

よく読まれてる記事
【書評】『なぜ一流の男の腹は出ていないのか?』の感想。居酒屋で揚げ物も食べていい!
甘いもので気合いを入れよう!は気合いが入らなくなる
朝起きれない人は、〇〇してないから起きれず寝坊する
潜在意識とお金の引き寄せの真実。これがない引き寄せは逆効果!!
 
 
ぜひ、シェアしてね。

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る