もう二度と無駄な日を過ごして後悔しないための方法

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

体話士のおおくぼたかあきです!

1日フリーの日なのに何もできないと、
時間をムダにしてしまった罪悪感が
残ってしまうんです・・・。

こんなことってないですか?

ぼくも時間を無駄に過ごし、
後悔することは、しょっちゅうあります 笑

でも、前に比べるとだいぶ減りました。


それは、ある考え方を覚えたから。

そのある考え方はこの記事の後半で。

2016-07-Life-of-Pix-free-stock-man-aged-bar-MAXMARTIN

なぜ1日を無駄に過ごしてしまうのか?

原因の多くはやる気が出ないこと。

ぼくもこんなことがありました。

うちにはテレビを置いてないから
何となくYouTubeを見ているうちに
夕方になり、夜になり
1日が終わってしまうことがあるんですよね。

あぁ・・・1日もう終わってしまった・・・。~ 

何とまあ贅沢な1日の過ごし方。

でも、本人は大後悔。

朝はこれをしようって
思っていたものがあった。

でもできず。

原因はイマイチやる気が出なかったから。

やる気の出ない2つの原因

  1. 何をすればいいかわからない
  2. やろうとしていることが大きすぎる

のどちらです。

例えば
富士山とか高尾山に登ったことがないのに
エベレストに登ろうとしても
やり方もわからなければ
途方もない目標に思ってしまいますよね。


もし、そんなことをしようものなら
頭の中は大騒ぎ。

大変だ!ご主人が変なことを考えてる!

エベレストに登るだって!?

富士山どころか学校の裏山すら
登ったことないのに。

ムリムリ!やめとけ!!
そんなことしたらカラダが壊れるぞ!

登り方だって知らないんだから
やったところで挫けるだけだ。

早く止めさせないと!

そうだ!機能を停止しよう!
やる気をなくそう!


せーの!『やる気スイッチ』オフ!



あーよかったー!
ご主人無事にやる気をなくしてくれたよ。

危なかったな。

あぁ。これで一安心だ。

もう変なことは言わないでくれよな。

これからもやる気が出にくくなるように
しておこうっと。

そうして無事にやる気がなくなり
事なきを得るのだった。

どうですか?笑

やりたいけど
やる気が出ないのは
だいたいこのパターンです。

じゃあ、やる気が出るのを待つのか?

そしたら、無駄に過ごすことが
増えてしまいますよね。

ならば、やる気に関係なく
やりたいこと、やるべきことに
取り組めたらいいはずです!!

やばい!天才的発想だ!笑

やる気に関係なくできるようになる考え方

あなたがしなければいけないのは
やる気を無理やり出すことではないです。

それよりも
この考え方を身につけることが大切です。

それは、
目標タイプの考え方

目標タイプとは

目標を決める→逆算→段取りを決める→実行

という、
仕事ができる人に多い思考パターンです。

この思考パターンを身につけると
やる気に関係なくただこなすだけ
という状態になります。


トイレに行くのにやる気はいらない。


必要なのは出す気だけ。


同じように
やる気に関係なくできるようになります。


それが、目標タイプの思考パターンです。


目標タイプの人は、
無意識のうちに
目標から逆算して
小さな一歩をコツコツ進めています。


ぼくもブログを書くときは
とにかく一行目を書きます。

この記事も決してテンションを上げて
書いているわけではないんですよね。

いや、なんか内容テンション高いけど
というツッコミは聞かなかったことにします。


歯磨きやトイレに行くのと
同じくらいのやる気で書いています。

しかも、ここまで書くのに
20分くらいしかかかっていないんです。


そんなことが可能になるのが
目標タイプの思考パターン。

ぼくは元から目標タイプ
というわけではないし
特別能力が高いわけでもないです。

むしろ、パートナーには
前のぼくは、
「段取りがとても悪く仕事が遅い」
と言われていました。

けど
ちゃんと目標タイプの考え方を
身につけることができました。



実は小学生でも
この目標タイプの考え方は
身につけられるんです!


だから、やる気に関係なく
できることをやり、
無駄に1日を過ごして
後悔しないように
コツコツやっていきましょう!


目標タイプの思考パターンを
身につけるには
この記事
を、ぜひ読んでね!


あ、書くのに集中して
トイレに行くの忘れてた。


LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る