健康のことを仕事にしてる人が不健康という矛盾

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

体話士のおおくぼたかあきです。

最近カラダのことを仕事にしている人に
会うことが多く
それに刺激されて
カラダのことをTwitterでつぶやいています。
@takaokb1226
 
 
で、ぼくは徹底的に調べるのが好きなので
カラダのことをやってる人はどんなことを
情報発信してるのかなー?と思って

いろんなブログとか
Twitterとか
Facebookの投稿とかを見たりします。
 
 
超見まくります。
 
ミマクリマクリスティ

アガサクリスティ
(本一冊も読んだことないけど)

すると、
結構自分の専門分野のことは
めーっちゃ勉強してるんです。
 
 
カラダの専門家はカラダのこと。

ココロの専門家はココロのこと。

栄養の専門家は栄養のこと。
 
 
でも、それと同時によく目につくのが
カラダやココロの専門家だけど
食事はそれ大丈夫なの!?
めっちゃ影響するけど・・・
って写真がアップされてたり。

dee312c94543863870faac826d3c9a20_s
 
 
ココロや栄養の専門家の方は
カラダがめっちゃ凝ってる
っていうような状態だったり。

413b26fe1828671f316875ba7eb8b1bb_s
 
 
知っている上で
そうだったらいいなーと思うんですが

自分の分野以外って
あまり知らないのかも・・・って
感じたりもします。
 
 
ぼくも体調は崩しますが
だいたい原因はわかりますし
対処は自分でするので回復します。
 
 
カラダもココロも栄養も

互いにめっちゃ影響しています。

 
 
でも、それぞれ
基本はめっちゃシンプル。
 
 
筋肉は引っ張り合えば硬くなるし
動きがなくなれば
体液は流れが悪くなります。
 
 
普段食べてるもので
落ち込みやすくなったり
イライラしやすかったり
ココロは穏やかにいやすかったり。
 
 
ココロの状態で
どんなものを食べるか変わったり
運動する気になったりならなかったり
カラダが凝りやすかったり。
 
 
それぞれ
シンプルだけど
お互いに関わるから
視野を広げて
自分の専門分野以外のことも
知っておいたほうがいい。
 
そうやって思っています。

だって、ぼくたちは
健康の専門家なのだから。
 
 
さらにもっと言うとぼくは
健康のプロではない人も
ココロやカラダに
どんなことが起こっているのか
わかるようになってもらえたらいいなー
って思ってます。

基本はシンプルだから。
 
 
え!?プロじゃない人でも
わかるようになったら
俺たち私たちの仕事なくなっちゃうじゃん!
 
って思うかもしれないですけど

本当はなくても楽にいられるのだったら
いなくてもいいと思うんです。
 
 
むしろ、もっと多くの人が
自分たちでみられるように
伝えていくことが必要だと思っています。

何回も言うけど

基本はシンプル

 
 
みんな難しい顔して教えすぎな気がします。
 
 
自分たちの業界を
囲って守ろうとしすぎじゃないかな?
なんてことも思ったりします。
 
 
もっとオープンに。
 
 
自分たちだけがわかる会話より
一人でも多くの人が
ぼくたちの会話をわかるようになったら
単純に楽しくね!?って思うんです。
 
 
まずはココロやカラダや栄養のことを
プロとしてやっている人が
視野を広げて
お互いの分野をシンプルに理解する。
 
 

ここからスタートだと思っています!!

 
 
と、いうことで・・・
(勘のいい人はもう気づいたかな?)
 
 
メルマガ登録してない人は
ぜひ登録してねー。
(やっぱり!笑)
 
自分の専門分野以外の情報が手に入ります。
セラピストの視野が広がるメルマガ(仮)
 
 
 
.

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る