ブログが書けない時にしたこと

※2016年6月26日に見出し作成、タグの適正化、内容再編集、追記以前の内容はほぼ残している

体話士のおおくぼたかあきです!

カラダがなまってるし
最近筋トレを始めました。
(記事更新後すぐ断念、最近再開)

ちょっとやっただけでもキツイとか
本当にやばいなあ・・・。


ブログを書けない時に
ぼくがどうしたのか
エピソードも含めて公開。

blogkakenai

ブログを書けない日々が続く

さて、ブログを書きたいけど
本当に書くネタが出なかった。

画面の前で唸っても結局でない。
日常で何もしていないわけではないし
色々なことは起こっているし
人とも話してるしなぁ・・・


そんな日が続いて
うんうん唸る。

でも、情報発信しないと
何も伝わらないしなーと
悶々としていた。

そこで
アウトプットができないから
インプットでもしようと

  • アニメを見たり
  • 散歩したり
  • 本屋に行ったり
  • 人に会ったり
  • 音楽聞いてみたりと

色々と情報収集してみた。


そして、化物語って
アニメを見てたんだけど
それに影響されて
日常に起こっている面白くない話を
淡々と書いてみたのがこの記事。

たまにはこんな記事もいいかな
なんて思って書いてみた。

人は思っているほど自分のことを見ていない

面白いものを発信することは
もちろん大切だけど

そこに縛られ過ぎると
発信できなくなるという
本末転倒なことが起こるんだよね^^;

だから、まずは情報発信しなければならない。

ブログを書きたいのならば
たとえ自分で面白いと思えなくても
発信しなければならない。

もし、あなたのブログが
月間50万PVとか
あるのであれば別だが、

そうでなければ大した数の人には
見られていないのだ。

ぼくのブログでもそれは同じ。
自分はそこまで見られていないのだ。

だから、怖がらず
面白いことをかけないからといって
更新をやめないでほしい。

ブログは書くから書けるようになる

とまあ、ぼくの困った日常を
少しでも役立ててほしい
と思ってこの記事を書ている。

なんか押し付けがましいな 笑


ぶっちゃけ面白い話が書けない
ということをなんとかこじつけて
正当化しようとしているだけなんだよね 笑


ブログでもこうやって悩むんだから
ジャンプとかマガジンとかに
毎週マンガを入稿している作者は
すごいなあと感じる。

そう思うと
漫画を読んだ時に
ちょっとありがたみが
増すよね。

でも、この時(2016年3月の時点)では
わからなかったんだけど、
再編集している2016年6月の時点では、
5月から毎日ブログを更新して
わかったことがある。

それは、ブログは書けば書くほど
速く書けるようになるのだ。

ブログネタも、書けば書くほど
出てくるようになる。

最初から面白い記事を書けなくても
短い記事しか書けなくても
一行しか書けなくても
ひとまず更新するのをオススメする。

全世界の99.9999%の人は
どうせ見ていないのだから。

だからブログが書けない時こそ
何でもいいから書いていこう。

後日談というか今回のオチ。

ぼくがどうやって記事を書いたのか
書けないところから
抜け出した理由

まさしくこの記事が
生まれた理由なんだけど

クオリティの高い記事を書かないと
読んでもらえないんじゃないかとか

書いてないから書けないとか
色々考えすぎていたことが原因だった。

結局自分でハードルを上げる
思考のクセができていた。

なので、ぼくのブログが書けない
思考のクセに対する対策は
自分のハードルを
下げることだったんだよね。

そしたらひとまず書けた。

やっぱり自分を邪魔するのって
自分の思考のクセなんだなと
感じた。

さあ、また情報発信していくよ!

この記事もぜひ読んでね

おおくぼたかあきって誰?

ブログのネタを際限なく生み出す方法

コンサル受けてるのに…私は起業に向いてない…と思う人へ

完璧主義ほど成果が出ない理由〜準備に時間をかけるな〜

あなたも時間管理の達人になれちゃうよ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。