その13:ぼくが体話をやっている理由【にこのリアルな起業ストーリー】

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

体話士のおおくぼたかあきです。

ニコのリアルな起業ストーリーその13です。
まだ1から見てない方はこちらから
 
先日体話セッションをした時に
「このお仕事すごい好きそうですね」
と言われました。
 
 
うん。めっちゃ好きです 笑
 
 
とはいえ
最初からすごく好きというわけ
ではなかったんです。

理学療法士を始めて4年くらいは
あまり好きではありませんでした 笑
 


 
そこで今日は

なぜぼくが体話セッションをやっているか
についてお伝えします。

 
 
ぼくが好きではなかったのは
大きな組織の中にいることでした。
(今は組織の中にいるのも好きですよ)

そこでぼくは
自分で起業したいと思い
色々模索し始めました。
 
 
最初は自分で
治療院とか整体をやろうって
思っていました。

でも、色んな出会いがあって
(そこ書けよ 笑)
 
 
Web制作とか
セールスコピーライターとか
コーチとかコンサルタントとか
色々やってみました。

 
経験不足というのが大きいのですが
どれもそれだけでは
うまくいきませんでした 笑
詳しくは前回の話で。
 
 
 
そこで
ぼくは色んな人に
どんな仕事が向いてると思う?って
聞いてみたんですね。
 
 
そしたら
 
 
まあ、出てくるわ。

「身体」ってキーワード 笑

プライベートでも
話を聞きながら施術してると
いやー、気持ちが楽になったよー。
って言われることが多かったんです。
 
 
 
ぼくは心もすごく好きなんです。
人の感情というものに
手放しで興味があります。
 
 
そこで、二つを掛け合わせることは
できないかなー?って考えました。
 
 
その頃にはもう
カラダの声を聞くのは大事だって
思っていました。
 
 
結構他の心のことを扱う人って
身体のことをあまり専門的に
知らなかったりします。
 
 
「身体の声」って
キーワードで調べても

みんな心専門だったり
身体専門だったりするので
両方バランスよく見られる人って
いないんだなーって感じたんですね。
 
 
普段一流の方とお仕事をしてる
とある方にも同じことを言われました。
 
 
「心とカラダのことって
言って仕事してる人も
身体のことのバックグラウンドが
しっかりしてる人って
あまりいないんですよね。」

 
 
じゃあ、ぼくがやろう!と。
 
 

そして、生まれたのが「体話」です。
 
 
体話を受ける方は

気持ちが楽になったり

カラダの声を聞くと
無理をしなくなったり

どうしようかな、
どっちにしようかなと迷った時も
シンプルに決められるようになったり
しています。
 
 
心も身体も整っていっています。
 
 
ほかにもどんないいことがあるか
知りたい方はこちらから
 

その14も公開しました!

その14:自分の価値に気づくには成長したことを振り返る
 
まだ1話から読んでない方は
こちらを読んでね。

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る