行動力のサポートし続けたら見えた収益のシンプルな上げ方

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

どもー
体話士のニコです。

収益ってみんなあげたいですよね。

収益ってビジネスのスキルかと思いきや
行動力をサポートしてたら
収益も上がるという現象が
お客さんに起こり始めました。

その不思議を解説

みんなあげたい収益なのに上がらない

お金に過剰反応する人

お金を欲しいと思う人手をあげてー!

はーい!!!

Facebookとかよく見かけるんですけど
お金のことを書き始めると

ビジネスはお金が目的なんですか?

みたいなことを言ってくる人がいます。

「こいつもやっぱりお金の亡者か…」
と言わんばかりの過剰反応。

コーチとかヒーラーとか
セラピストとかに多い感じがします。

よくお金のブロックとかって
気になってるキーワードですからね。

この裏側には
お金は汚いものだって思ってるのが
見え隠れしています。

べべべ・・・別に
お金のために働いてるわけじゃねえし!!!

みたいな感じ。
 

お金に色は誰がつけているのか?

お金って特に何も色がないんですよ。

でも、そんな拒絶反応を
過剰にしたくなってしまいます。

花粉症か!!!

じゃあ、お金に色をつけてるのは誰でしょ?

子どもにお金持たせてみたら
大して興味持っていません。

それよりも財布の方が
興味津々です。

ただの紙です。

それを神にも悪にもしてるのは
その人です。
 
 

なぜ行動力が上がると収益も上がるのか?

お金のブロックは自信のなさ

で、体話セッションを受けにに来る人も
お金のブロックというものをよく抱えています。

このお金のブロック
ただの妄想なんですけど
強烈な妄想なんです。
お金のブロックはただの妄想論。新しい妄想作ろうぜという提案

で、この強烈な妄想を生んでるのは
自信のなさです。

自信がなくて
お金のブロックが生まれる。

お金のブロックって
稼ぐブロックというものもあるんですが
受け取ることもできなくなります。

すると
もらえるお金が少なくなる。

もらってもいいはずのお金よりも
少ないお金しかもらっていない。

そりゃ苦しくなるわけですって。
 

みている場所が変わるとブロックとか関係なくなる

そこでセッションを受けてもらった人には
まず、みている場所を一気に変えてもらいます。

こういうこと悩んでて
こういうことをしたいと思ってます。

そんなところはすっ飛ばして
超絶高いところまで見てもらいます。

本当は何やりたいんでしょうね?
本当はどこまでいきたいんでしょうね?

そんなことを
一緒に考えていきます。

すると、
見ている場所が一気に変わります。

で、この見えてる場所が変わるので
今までの悩みって悩めなくなります。

算数の掛け算で悩んでいたのに
高校入試問題レベルのものを
考え始めると

あれ!?
掛け算で悩んでる場合じゃなくね!?

高校入試の問題解くなら
掛け算とかできて当たり前じゃん!!

ってなる感じです。

で、セルフイメージというものが
上がったりします。

で、行動力もアップしていきます。
 
 

よく起こる単価アップ

収益と売上のしくみ

じゃあ、なぜこれが
収益アップにつながるのか?

収益=売上 – かかったコスト
です。

売上=顧客数×リピート数×単価
です。

お金のブロックに悩まなくなると
まず単価を上げられるようになります。

なので、売上が上がって
同じコストなら収益が上がるんです。
 

単価を上げる許可ができる

多くの人が単価を上げられないのは
自分に許可ができないから。

心の底から許可ができてないのに
無理やり単価を上げると

自分が不安になって
その不安がお客さんに伝わり
結局売れなくなります。

で、売れないので
自信がなくなり

セルフイメージとやらが下がって
また売れなくなる

という悪循環が起こります。

だから自分が見てる場所を
変えるって大事なんですよ。

そして、
なーんだ単価上げても大丈夫じゃん!
って思えたら
シンプルに上げられるようになります。

楽しくビジネスしましょ!

では!

ラインでは相談乗ってますよ。
こちらからどうぞ
ニコのLINE@
 
 
メール講座もオススメです
メール講座「繰り返し起こるカラダの悩みにサヨナラするたった1つの方法」  
  
 
セッションもどうぞ
考えすぎるあなたのための、体話セッション
 
 
よく読まれてる記事
体話士ニコってどんな人?
グルテンフリー、砂糖断ち、砂糖と小麦粉が身体に悪いと信じ込ませる罠
潜在意識とお金の引き寄せの真実。これがない引き寄せは逆効果!!
自分の枠に縛られてる人がのびのび生きられる方法
腑に落ちると潜在意識が動き出す!腑とは〇〇の場所の事なんです!

 
 
ぜひ、シェアしてね。

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る